So-net無料ブログ作成
検索選択

江崎道郎という衝撃

2016年1月28日

忙しいと行動を閉じてしまい億‘劫になる。

ので発信はせずに、インプットのみ身体と頭を集中させる事となる。

私自身無知であることを自覚しているし、過去の日記を読んで赤面する事も多い。

その中で自分の歴史観を根底から覆すような動画と本と人物に出会った。

江崎道郎氏である。

コミンテルン・コミンフォルム・アメリカの保守・中共にやたら詳しい研究者・発信者である。

【江崎道郎】と検索すると講演会やら本が出てくる。

そこで理解したことは

【赤の薄汚さ】

【赤の常に発している恒常的な日本に対する悪意】

【国粋主義を装った売国殺人者】

【革命がなされれば同胞がどんなに死んでも構わないという確信的煽動者】

具体的にいうと

朝日新聞 社会党左派 日本共産党 朝鮮総連 公職追放によって要職に就いた嘘つきインテリ 日教組 自治労 敗戦利得者

こういった人間は【敗戦革命】をおこそうとし、戦前は戦争を煽り、敗戦後【反戦】【平和】の美辞麗句のもとに安保闘争で国会を取り囲み、岸信介を暗殺しようとし、革命まで起こそうとした連中である。

特高・憲兵・軍部と言われる連中は弾圧しすぎではなかったのか??と思っていたが

江崎道郎氏の話を聞いた後は

生ぬるい!!皆殺しにすべきであり、すべきだ!!とまで思った。

とにかくこれを読んで下さる方々は検索してみて欲しい!!


反戦運動を煽った連中は革命を煽動したのであって、フォークギターを片手にのんきに歌を歌っていた連中とは断じて違う!!

真の日本の敵は何なのか??理解できると思う。


コミンテルンとルーズヴェルトの時限爆弾―迫り来る反日包囲網の正体を暴く








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: